医療従事している人の制服

看護師のナース服に限らず、どこの現場の制服でもそうだと思いますが、
動きにくい、仕事の支障になるような窮屈な生地のウェアは、
もう時代遅れなんじゃないかと思います。実際、看護の現場でも
臨床の現場では特に伸縮性や吸湿性の高いスクラブのような仕事着が採用されてますし、
スカートでの現場作業はもう、皆無といっていいのではないでしょうか。
とにかくしゃがんだり、踏ん張ったりするとき、
スカートでは足が開けないし、とにかくナース服として実務上に向かないのです。

今の時代は現実的な医療現場で使われている白衣やナース服が
医療ドラマとか映画で俳優が着ているのを見かけるのですが、
相変わらず、コスプレの場合は昔からあるナースのワンピース型の服や
ナースの帽子がそのイメージを持っているのも事実ですね。
たしかに病院の受付であるとか、美容外科などのナース服は
それなりに女性らしさのあるナースウェアが使われていますから、
個人の医院等でも通販で格安の白衣・ナース服を使っているところもあるでしょう。

仕事柄、患者さんの体液や血液、汚物の飛びちりなども日常的にありますから、
一軒綺麗に見えるナース服はとても汚れているものですから、
イメージとは正反対の服と言うことが出来るかもしれませんね。
介護施設や人間ドックでも、様々なところで医療従事している人の制服は
清潔そうに見えても汚れているものだから、意識的にクリーニングを、
こまめに洗濯して、洗いたてのものを着用してほしいと願いますね、個人的に。