クレジットカードを発行する際には

クレジットカードは今の時代誰もが1枚はもっていてもおかしくないくらい当たり前のツールとなりました。
買い物をするときに財布がかさばることを嫌っている人や、お金の管理がしやすくなりますからその点を気に入って使っている人など様々です。

クレジットカードは基本的に限度額以内ならばカード一枚で商品やサービスを購入することが出来ます。
さらにはキャッシング機能がついていますから、お金が足りなくなった時にATMなどからお金を引き出すこともできます。

そもそもクレジットカードの「クレジット」は信用という意味です。
予めお金を持っていなくとも「あとできちんと支払います」という信用がある人のみが発行を許されているのであって、誰もが持てるかもしれないけれど、誰もが持っているわけではないのがクレジットカードです。

キャッシング機能もついているのですからクレジットカードを発行する際には審査を受ける必要があります。
消費者金融もキャッシングを提供している会社ですが、この審査スピードは「即日融資」の名前の通り、申し込んで最短でその日の内にお金を借りることが出来ます。
しかし、クレジットカードはどれだけ早くとも発行までに3日以上はかかるものと考えてください。
今の自分の職業属性や収入状況で作りやすいクレジットカードを決めておきましょう。
その上でできる限り面倒なことをせずにスピード発行してほしい人へ審査時の注意点をまとめます。

クレジットカードの審査は申込み、審査、発行、の3つの手順に分かれています。
申込みは少し面倒な記入があります。
さらに本人確認の書類を提出する必要があります。
一般的には免許証や健康保険証、パスポートなどの写しが必要になります。

必要書類の記入があり、仕事先や年収、住所や家族構成、キャッシングの経験、もしくは現時点のキャッシング残高、などを中心に記入する必要があります。
この部分は絶対に間違いの無いようにしてください。
当たり前のことですが、この申込書を基に審査が行われますから、この申込書が間違っていたら審査自体が始まらずにスピード発行どころかクレジットカード発行そのものへ影響する可能性があります。

審査自体のスピードを速めることは申込みをする側にはできません。
ただ、こちらが行う作業をきちんと行い、その上で必要書類が提出されれば1日と待たずに電話審査が行われ、10分程度申込み内容の確認、キャッシング上限などを提示して、納得したら、審査完了、カード郵送、という形になります。

クレジットカード発行自体は昔ほど厳しくはなく、キャッシング歴やキャッシング残高が100万円以上なければ特に大きな問題はないと思われます。
すぐにクレジットカード利用がしたいと思っている方は是非参考にしてください。